ホーム › 新技術紹介

新技術紹介|TECHNOLOGY

アルミニウム急速溶解保持炉

ラジアントチューブ
高い溶解能力

シングルエンド直管型に比べ排気が円滑なためバーナーの性能を引き出し易く、高出力バーナーと組合せることにより高い溶解能力が得られます。

高い伝熱効率

U字型のため溶湯浸漬部の伝熱面積が大きく、熱伝導が良いニカセラコ®により高い伝熱効率が得られます。

長寿命

ニカセラコ®製であるため、耐熱性、耐熱衝撃性、耐酸化性を有し、アルミ溶湯に対する耐食・耐久性に優れているため、長寿命が期待できます。

ラジアントチューブ

ニカセラコ製品

ニカセラコは当社が独自で開発した新世代耐火物です。

主な特長
ニカセラコの特長

当社の各種炉、アルミ溶湯設備・機器には到る所にニカセラコが使われており、機器の高性能化、長寿命化が図られています。

[応用例 -1] 排熱利用天井式アルミ保持炉 AFH(ALFINE HOLDING FURNACE)

・ニカセラコ®ラジアントチューブバーナー加熱
・排気熱を利用した天井からの輻射加熱による高効率保持炉

ALHF-500型
ALHF-1000型
[応用例 -2] 急速アルミ溶解保持炉 AFMH(ALFINE MELTING & HOLDING FURNACE)

・ニカセラコ®ラジアントチューブバーナー加熱
・ 排気を利用しインゴットを550℃以上に予熱したルツボ炉に替わる溶解保持炉
・ インゴットをアルミ溶湯中に浸漬して急速溶解し、アイメル(アルミ溶湯ポンプ)で溶湯を循環して湯温を均一化します。

アルミ急速溶解保持炉
[応用例 -3] ラジアントチューブ式アルミニウム急速溶解保持炉

・ラジアントチューブバーナー加熱
・永磁式スターラーでアルミ溶湯を循環さながらインゴットを投入することにより、急速溶解が可能となりました。
・アルミ溶湯渦流で切粉も溶解出来ます。

アルミ急速溶解保持炉

ネオセラコラドル

複合セラミックス材料(ネオセラコ™)
特長

・ 低密度(1.6g/cm³)で軽量であり、作業性に優れています。
・ 熱衝撃に強く、耐久性が良好です。
・ 断熱性に優れ、給湯中の温度降下が少なく、このため溶湯保持温度を低くすることができます。
・ アルミニウム溶湯に濡れにくく、優れたアルミ被膜剥離性を有します。
・ セラミックス製なので鋳鉄製ラドルで起こるような鉄の汚染はありません。

渦式アルミニウム切粉溶解炉

アルミニウム渦流
アルミ切粉・リサイクル材をアルミ溶湯渦流で急速に溶解

アルミ切粉をアルミ溶湯渦流中に投入して急速に溶解します。

酸化を抑え、高歩留まりでリサイクル回収

切粉は瞬時にアルミ溶湯渦流中に没するためほとんど酸化されません。

アルミニウム急速溶解保持炉

アルミニウム急速溶解保持炉
アルミ原材料をアルミ溶湯で急速に溶解

アルミ原材料はアルミ溶湯中に浸漬、アルミ切粉は溶湯渦流中に投入して急速に溶解。アルミ溶湯は溶湯攪拌装置により槽内を循環します。

酸化物の生成が少なくアルミ歩留まりが向上

アルミ溶湯溶解とラジアントチューブバーナー加熱により酸化物生成を抑制します。

エネルギー消費の低減、CO2削減

アルミ溶解汲出し運転時のエネルギー効率は47%と一般のアルミ溶解炉にくらべ著しく優れています。

ページの先頭へ